kyoncyの日記

WordPressのカスタマイズが嫌になってGatsbyに移行する

July 20, 2019

1年ほど前からWordPressでブログを書いていた(さほど更新はしていない)。 メンテナンスが面倒だった。カスタマイズが面白くなかった。だから止めた。

今年の3月に大学を卒業し、新卒で働き始めた。

JSに触れる

高専の時からプログラミングはしてきた。雑音抑圧と音声認識について研究した。 大学では画像認識について研究した。こんな感じだったのでフロントエンドのことなど知らなかった。

仕事ではReactを触っている。SSRで実装しようとなってNext.jsを触った。 純粋に面白そうだと感じた。何がどう良いのかはあまり分かってなかった。

5月ごろだったか、JavaScript祭り に行った。 「JAMStackがキテる」「Gridsomeが良いぜぇ」みたいな話を聞いた。 結構分かりやすかった。紹介されたものは使ってみたいと思った。

入社して4ヶ月が経とうとしている。 結びついていない点が多いが,知識としてはなんとなく入ってきている。

WordPressを触る

仕事の話に戻る。今はフルタイムのエンジニアが自分含め2人である。 ベンチャーって感じで関われることも多い。社内の色々なことを受け持つ。

5月下旬、石川県加賀市で日本初のコンピュータクラブハウスが開所した。 図書館が無料で本を読めるように、無料でコンピュータや3Dプリンタなどに触れることのできる環境を提供している。 もちろんプログラミングもできるし音楽・動画編集も可能な施設となっている。 最近では嬉しいことにメディアで取り扱ってもらえるようにもなった。

注目が高まるということもあり、コンピュータクラブハウスのサイトを作ろうとなった。 そのため、AWSのEC2でWordPressのインスタンスを立ち上げた。 SSL証明だったりTagManagerだったりSEOだったり、することも多いがAWSに触れる経験にもなった。

運用してみて、テーマのカスタマイズが必要になった。 使ってるプラグインのCSSをゴリゴリいじる感じ。これがこの先も続くとメンテナンスが大変だなと感じた。

ブログはWordpressは辞めて、全て静的サイトジェネレーターに移行したい が全てを物語ってる。

なんとなく構想を描く

WordPressを使うことは現状のリソース的にしょうがない。

しかし、記事の追加や更新ごとにデプロイする必要がなくて、markdownで良い感じに書けるサイトを作りたいと思った。

Next.jsとFirebaseで更新の手間がかからないポートフォリオサイトを作ってみた の内容に加えてmarkdownエディタと記事投稿や編集・削除の機能を付け加えるイメージが近い。 これだとログイン機能とかいるのか。 このQiita記事を実現するのであればgatsby-source-{qiita|twitter|facebook}とかあるじゃんという話もあるが。

タイトルがGatsbyだからSSG(静的サイトジェネレータ)の話をしているかというと、簡単そうだったから。

この記事が最初なのでGithub PagesやNetlifyで動かすのが簡単かは不明だが、公開されたら簡単に出来た証拠になると思う。

これから

技術書典7に出展する予定もあったり、更新が楽なサイト作りたいという構想もあるのでそのことを書きつつ 頭の中を整理したいことや日々の開発記録を書いたり、本の書評をしていきたい。

あとは、味気ないサイトにならないようにカスタマイズを楽しんでいきたい。

今からGithub Pagesに独自ドメインを設定してHTTPS化する(強い意志)。


きょんしー

新卒1年目のWEBエンジニア きょんしーです。みんなのコードで働いてます。Twitter, Facebookは適当に。React, Blockly, Pythonが好き。普段はNightcoreを聞きながら仕事。土日はReact開発したり、技術書や啓発本やキャリアの本とか読んでます。開発することに飢えてて、ブログ書くよりレイアウト変えてる。経歴とかはWantedlyに記載。